2020年9月19日(土)10:00 配信開始

©︎ 2018 Nekonigashi Inc.

スペシャルアーカイブ
(2019-2020:映像音響作品/短編アニメーション)
ある日本の絵描き少年
川尻 将由
アニメーション部門優秀賞
[日本]
短編アニメーション
作品映像
マンガ家を目指す男の半生を、実験的な手法で描いた短編アニメーション。絵を描くことが好きな少年・シンジは、自然とマンガ家を目指すようになる。小学生になると、同じく絵が好きだが覆面レスラーばかり描く不思議な少年・マサルと出会い、やがて親友に。しかし学年が上がるにつれ、2人は徐々に疎遠になっていく。その後もシンジは変わらずマンガ家を目指し、美術大学に進学。新人賞に入選したことをきっかけに上京し、やがて大きなチャンスをつかむ。しかし、待ち受けていたのは思い描いていたマンガ家生活とは異なるものだった。30歳になったシンジは久しぶりに、昔と変わらず絵を描き続けるマサルの作品に触れる。この一連の流れが、シンジの母親のモノローグも交えて語られるモキュメンタリー。主人公の成長に合わせて、作中の作画もチラシへの落書きといった子どもが描くような絵から、マンガの原稿用紙に描かれた絵へと変化し、時間の流れが表現されている。